歯並びが気になったら

正しい歯並びは、見た目が美しいだけでなく、しっかり咬んで食事をするという日々の重要な行為をサポートし、健康を維持するために大切なものです。しっかり咬むことで食事を楽しみ、栄養を吸収。またブラッシングをしやすくし、虫歯歯周病を防ぐためにも大切です。

矯正治療は、虫歯治療の通院とは異なり、長期間のお付き合いになります。そのため、治療の目的をはっきりさせ、目標を持って取り組むことで大きい成果が期待できます。まずは、歯並びの疑問やお悩みをご相談ください。


梅ヶ丘の歯医者「さむら歯科・矯正歯科室」の矯正歯科では、患者様の「自分の歯をできれば一生残したい」、「健康な歯をできるだけ抜きたくない」という気持ちにお応えするため、専門医としての検知から骨格や筋肉との調和をふまえて非抜歯(抜かない矯正)を含めた治療をご提供します。

あなたも今すぐ歯並びチェック!

あなたも今すぐ歯並びチェック!

「出っ歯」「受け口」「ガタガタの歯並び」といった症状でお悩みなら、矯正治療で改善することができます。一概に歯並びの問題といっても、実はさまざまな種類があります。当院では、矯正専門医が審美的・機能的に正しい歯並びに導く治療を行っています。

治療中は装置があることでブラッシングしにくく、虫歯になりやすくなりますが、並行して丁寧なケアも行っていきますのでご安心ください。ご自分やお子様の歯並びをチェックし、次の中にあてはまるものがないか確認してみましょう。

  • 気になる歯並びをクリックして下さい
    • 上顎前突
    • 反対咬合
    • 上下顎前突
    • 交叉咬合
    • 空隙歯列
    • 叢生
    • 過蓋咬合
    • 開咬
    上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    「出っ歯」とも呼ばれ、うえの前歯が大きく前に突き出した状態です。前歯だけが出ている場合もありますが、歯列全体が前に出ていたり、上あご自体が前に出ていたりするケースもあります。遺伝やあごの成長バランスの崩れによって引き起こされますが、指しゃぶりや口呼吸のクセなどがある場合も注意が必要です。

    反対咬合(はんたいこうごう)

    反対咬合(はんたいこうごう)

    「受け口」とも呼ばれ、下の前歯がうえの前歯より前に出た状態です。うえの歯が後ろに傾いているケースのほか、下あごの過度な発達や上あごの発達不足といった、骨格上の問題が考えられます。発音が不明瞭となりやすく、咀嚼(そしゃく)も難しくなることがあります。

    上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

    上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

    うえの歯も下の歯も前に突き出た状態です。くちびるが閉じにくく、ぶつけた拍子に前歯が折れたり、口の中を傷つけたりしやすい歯並びです。

    交叉咬合(こうさこうごう)

    交叉咬合(こうさこうごう)

    上下の歯が左右にずれ、奥歯や前歯が交叉した歯並びです。正しい噛み合わせでは、上下の前歯の中心が同じ位置にありますが、この歯並びだとずれてしまします。奥歯で食べものをすりつぶすのが難しく、顔がゆがんでしまう恐れもあります。

    空隙歯列(くうげきしれつ)・正中離解(せいちゅうりかい)

    空隙歯列(くうげきしれつ)・正中離解(せいちゅうりかい)

    すきっ歯とも呼ばれ、歯と歯の間にすき間がある状態です。あごの大きさに対して歯が小さかったり、歯の本数が足りなかったりする場合になりやすい歯並びです。目立つうえに、食べものがはさまりやすくなります。

    叢生(そうせい)

    叢生(そうせい)

    歯がでこぼこに生えたり、重なって生えたりした歯並びです。あごの大きさに対して歯が大きく、きれいに並ぶだけのスペースが足りない場合に起こります。八重歯(やえば)も叢生の一種です。

    過蓋咬合(かがいこうごう)

    過蓋咬合(かがいこうごう)

    正面から見て、下の歯がほとんど見えないほどうえの歯が深く被さった状態です。オーバーバイトとも呼ばれ、食べものが噛み砕きにくくなります。発音が難しくなることもあります。

    開咬(かいこう)

    開咬(かいこう)

    奥歯が噛み合っていても、前歯が閉じずに開いた状態です。指しゃぶりなどのクセが原因となることが多いとされています。食べものを噛み切ることが難しく、空気がもれるため、発音にも支障をきたしやすい歯並びです。

    子どもの矯正と大人の矯正

    矯正治療は子どもでも大人でも受けられる治療です。ただし、治療の内容は少し異なります。その違いをご紹介します。

    子どもの矯正
    子どもの矯正

    子どもには、自然に成長しようとする力があります。それが、大人の矯正との大きな違いです。矯正治療においてもその力を利用でき、治療時間の短縮や、よりよい結果を得やすかったりと、多くのメリットが得られます。また、咬合育成を考え、健全な歯を維持することを目的とし、口腔の顎や顔の正しい成長の一助になるように努めています。

    大切なのは、治療のタイミングを逃さないこと。「いつ始めたらいいか」「そもそも治療が必要か」といったことを知るためにも、一度ご相談ください。

    大人の矯正

    正しい歯並びを手に入れることは虫歯や歯周病の予防にもなり、生涯自分の歯を守ることにもつながるため、近年大人の方の矯正が増えています。

    大人の場合、顎の成長が終わっていることで治療後の予測が立てやすい、取り組む意志がきちんとあることで進めやすい、などのメリットもあります。「今さら……」ということはありませんので、一度ご相談ください。

    大人の矯正

    矯正を行うことのメリット

    【メリット1】 【メリット2】
    ブラッシングがしやすくなり、虫歯歯周病などのお口の病気を予防することができます。 食べ物をしっかり咬めるようになり、食事が楽しくなります。また栄養の吸収もよくなり、健康につながります
    【メリット3】 【メリット4】
    咬み合わせが正しくなり、お口まわりや顎の筋肉バランスが整います。その結果、発音の改善や頭痛・肩こりといった症状が軽減することもあります。 口元の見た目のコンプレックスが解消され、自然に笑えるようになります。自分に自信が持て、性格まで積極的になる方もいます。

    当院では矯正の専門医が担当します

    矯正専門医紹介
    佐村ゆかり
    日本歯科大学 卒業

    当院では、矯正治療を矯正の専門医が対応します。まずはお電話でご相談ください。その後カウンセリングを行い、くわしい治療内容などをご説明していきます。

    矯正治療は専門性の高い治療であり、専門家が治療を行うことが望ましいといえます。「どんな治療を行うのか」「どれくらい期間がかかるのか」「費用はどれくらい必要か」など、矯正治療についての疑問があれば、何でも当院の矯正専門医におたずねください。患者様おひとりおひとりの希望に合った治療を提案し、ご相談しながら方針を立てていきます。

    治療の流れ

    【STEP1】初診・ご相談

    【STEP1】初診・ご相談

    初めにカウンセリングを行い、お口の中の状態をくわしく確認していきます。

    【STEP2】精密検査
    口腔内・顔面の写真撮影、レントゲン撮影、模型採取など、必要な精密検査を行います。
    【STEP3】診断・治療方針のご説明

    精密検査の結果をもとに診断を行い、一人ひとりに合った治療方針・治療計画を立案し、くわしくご説明します。わからないことがあれば、何でもお気兼ねなくご質問ください。

    【STEP4】治療・経過観察の決定
    治療が必要だと判断された場合には、治療の準備に入ります。 経過観察が必要だと判断された場合には、すぐに治療を開始せず、生え替わりや成長を待つなど期間をおきます。
    【STEP5】ブラッシングの練習

    【STEP5】ブラッシングの練習

    治療中は矯正装置があることで汚れが溜まりやすく、ブラッシングもしにくくなって虫歯になりやすくなります。そこで、あらかじめ装置に合わせたブラッシング方法を指導し、練習を行います。

    【STEP6】治療開始
    矯正装置を歯に装着し、治療を開始します。
    【STEP7】保定期間

    【STEP7】保定期間

    歯が正しい位置に移動したら矯正装置を取り外し、後戻りを防ぐために保定装置を装着して期間を起き、歯並びを安定させます。

    お悩み別・治療装置紹介

    目立たない装置にしたい方
    クリアアライナー クリアアライナー
    歯型を採って作製した透明なマウスピースタイプの装置を、約2週間ごとに取り替えていき、歯並びを整えます。1日17時間以上の装着が必要ですが、目立たず、取りはずせることで食事やブラッシングに支障をきたさない点がメリットです。
    【料金】 (片顎)400,000円~
    セラミックブラケット セラミックブラケット
    メタルブラケットと同じしくみで、白いセラミックのブラケットを用いたものです。目立ちにくい点がメリットですが、費用はメタルブラケットと比較して少し高額になります。
    【料金】 (成人矯正の場合)750,000円~
    費用を抑えたい方
    メタルブラケット メタルブラケット
    もっともポピュラーな矯正装置です。歯の表面に小さな金属製のブラケットという装置を取り付け、ワイヤーによって歯を移動させていきます。目立つ点がデメリットですが、費用を抑えられ、よい効果を得やすいのがメリットです。
    【料金】 650,000円~
    部分的に矯正したい方
    床矯正(しょうきょうせい) 床矯正(しょうきょうせい)
    金属線を用いた、入れ歯のような取り外せる矯正装置です。乳歯と永久歯が混在している時期に用いることが多いです。歯の小さなふぞろいを治したり、顎を大きく拡げたりします。
    【料金】 200,000円~
    MTM(部分矯正) MTM(部分矯正)
    前歯などの部分的なすき間や、一部分歯が重なっているなど、軽度の歯並びの乱れを部分的に整える治療です。歯列全体に対する治療より期間を短縮し、費用も抑えられる点がメリットです。歯にかぶせ物をする前に、歯や根の傾きを治すこともあります。
    【料金】 50,000円~
         

    ※金額は概算ですので、症例によって決定します。上記料金には消費税は含まれておりません。

    「さむら歯科・矯正歯科室」へのご予約は こちらから